【鼻炎.com】〜鼻炎の症状〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hananoensyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは鼻炎の原因と症状について、鼻炎の症状を詳しく説明しています。

鼻炎の症状として代表的なのが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの3つです。これらは鼻炎の三大症状とも呼ばれています。以下にそれぞれの特徴をご紹介していきます。

【くしゃみ】
くしゃみは鼻腔などの上気道に付着した埃やウイルスといった異物を、口や鼻から体外へ発作的に放出しようとする反射的な生理現象です。風邪や花粉症などのウイルス性鼻炎では必然的に起こる症状と言えます。

【鼻水】
鼻水は鼻腔にある鼻腺から分泌された粘液で、空気を加湿する効果と取り込んだ空気中の埃や塵、病原菌などを肺に送り込まないようにする役割があります。
鼻水の色や状態も病気に関係しています。さらさらの鼻水が大量に出る場合は、風邪や呼吸器に関係する病気の前兆として考えられ、病原菌などを洗い流す為に大量に分泌されるわけです。
緑色の鼻水はタンパク質が体内で不足することが原因で起こる症状で、特に3歳から5歳あたりの子供によく見られます。
黄色い鼻水は病原菌や自身の白血球が混じった状態で、ひどく続く場合は副鼻腔炎の症状として現れている可能性があります。

【鼻づまり】
鼻づまりの症状としては、呼吸が苦しくなることです。厳密に言うと呼吸をすることが苦しいのではなく、呼吸をするのに余計な体力を使わないといけなくなるということです。また、匂いを感じる嗅覚や味を感じる味覚にも影響を及ぼします。鼻が詰まった状態では、微かな匂いはほぼ感じ取れなくなりますし味覚も普段とは違う感覚になり、全てにおいて敏感ではなく鈍感になる傾向があります。

またこれらの症状以外にも、頭痛や頭重感、発熱、鼻の奥が痛い、睡眠障害、集中力の低下なども症状として現れることがあります。特に鼻炎と併発して咽頭炎中耳炎などの他の病気もある場合は、喉の痛みや耳の痛みなども現れます。


⇒ 鼻炎の原因

sponsored link



【鼻炎.com】TOP

copyright©2014  【鼻炎.com】〜原因・症状・治療・ツボ〜  All Rights Reserved