【鼻炎.com】〜急性鼻炎〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
hananoensyou★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは鼻炎について、急性鼻炎について詳しく説明しています。

急性鼻炎とは、鼻の粘膜に急性に炎症が起こった状態を言います。急性に炎症が起こることで、症状なども急激な経過を送るのが特徴です。

急性鼻炎の原因は、主にウイルス感染によるもので、一般に「鼻風邪」と呼ばれるものと同義です。ウイルスに感染することで粘膜が刺激を受け、炎症を起こすものです。代表的なウイルスには、ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルスなどが挙げられます。またウイルスと合併して、細菌の二次感染も原因となることがあります。

急性鼻炎の症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの三大症状と呼ばれる症状が、急性に強く現れるのが特徴です。症状が重くなると、頭痛と頭重感(頭の重い感覚)や、発熱などが起こります。くしゃみは少なくなっていきますが、細菌感染を伴うと鼻汁が膿のように粘り気を伴ってきます。

また炎症が広がって咽頭炎中耳炎など他の器官にも影響が出ると、咳・痰・喉の痛みや耳鳴り・耳垂れ・耳の痛みなどの症状も現れます。
特に乳幼児の場合は、大人と比べると耳管が短くて太い為、鼻からの影響を受けやすくなっています。


⇒ 鼻炎とは

⇒ 慢性鼻炎

⇒ アレルギー性鼻炎

sponsored link



【鼻炎.com】TOP

copyright©2014  【鼻炎.com】〜原因・症状・治療・ツボ〜  All Rights Reserved